Saturday, September 26, 2009

ワディラム!!!

8月25日朝、ヴァレンタインインからワディラム行きのバスに乗る。6時20分には出発なので、5時40分に起きる!!8時半につくも、ツアーは10時かららしく、オフィスで寝た。
4WDにのって砂漠を走り出す。
途中ロレンスの泉というスポットへ。崖の上に泉があるらしい。岩を登っていく。眺めは最高である。
上までたどり着くと泉が待っていた。少しながら水がある!!!
うーんきれいだ。タクヤさんはこれを見ながらナウシカのテーマを聞いていた。確かに景色に合う!準備いいな!
ベドウィンのガイドがラクダに餌をあげる。

同じグループにはタクヤさんとオランダ人の女性と若いスペイン人の夫婦がいた。

砂の坂を登ろうとしたが足が砂の中に埋まってしまう。靴を脱ぐと砂が熱くて歩けない。。。でもタクヤさんはすたすたと上まで行っていた・・・。
この岩場を登ると・・・・
岩の橋にたどりつく

風も吹いていて、落ちたら死ぬのかななどと考えると足もすくむ。。。
一通り回った後はテントへ。荷物を置いて夕食までの間一休み。周りを散策。
夕食は地面に掘った窯で作る。さすがベドウィン、火をおこすのは馴れた手つきだった。
夕食ができるまで時間がかかる。外で岩に座りながら日没の様子を見る。太陽の動きは思ったより早い。
テントの中で夕食。鶏肉や野菜を蒸し焼きにしたシンプルなものだが、おいしかった。食事をしながら同じグループの人達と英語で話をした。オランダ人女性は、以前東アフリカなどもいったことがあるらしい。ナイロビはクレイジーな町だ、と言っていた。タクヤさんはこのあとアフリカに行くので、熱心に話を聞いていた。
 アフリカなんてとても遠くの話だと思っていたが、ヨーロッパに住んでいる人にとってはわれわれが東南アジアなどに行くような感覚でアフリカに行くことができるのだろうか。アフリカにもいつか行ってみたいなと感じた。

夜は、テントの中から布団と毛布を引っ張り出し、砂漠の上に直接敷いて、夜空を眺めながら寝た。満天の星空がきれいだったと言いたいところだが、星が少し曇っている気がした。温度の関係などあるのだろうか、澄んだ空ではなかった・・・。でも星を見ながら眠るなどかなり貴重な体験である。砂漠の夜は寒いというのも体感できた。ワディラムは外国人向けの観光地なので値段も高く、行くのを迷っていたが来て本当によかった。

No comments:

Post a Comment