Wednesday, September 9, 2009

バールベック遺跡

 8月14日、バールベック遺跡へ行った。遺跡へはコーラバスターミナルという所からバスが出ているらしく、地図で見る限り歩いていけそうな気がしたので歩いていくことにした。バスターミナルに行くまでの道沿いにある住宅街はベイルートの豊かさとは無縁のアラブの街という感じだった。途中何度も道を聞いたが、皆セルビスに乗ることを進めてきた。しかし、意地でも歩いていくことにした。結局ターミナルに着くのに40分くらいかかった。



バールベックに向かう途中の高速道路で2回ほど見掛けたが、ヒズボラの旗が立っていて、その近くにテントの集落が見えた。おそらくパレスチナ難民キャンプだろうか。ほんとにキャンプである。








バールベックでは遺跡の前でヒズボラ主催と思われる写真展をやっていて、イスラエルがいかにレバノンの民を殺したのかを訴えかける写真が並んでいた。お土産屋では黄色のヒズボラのTシャツを買うことを勧められたが、このあとイスラエルに行くので買うのはやめておいた。




バールベックの遺跡は自然に囲まれて見晴らしもいいし、なかなかよかった。売店の少女が大変かわいらしい。少し高かったが見晴らしのいいところで飲むビールは最高だ。帰りのセルビスの中で、慶應の先輩でもあり、精神科医で世界一周中のユウさんに出会った。ユウさんとは旧市街からベイルートの先端にある、鳩の岩を見に一緒に歩いて行った。大変歩きづらい街である。







夜は同じ宿のリュウ君とシェア飯の約束をしていたので、一緒にスーパーまで買いに行った。スーパーも宿から20分くらい歩かないと着かない。宿に戻ってスパゲッティを作っていると隣でイタリア人のおっさんが調理している。のちにアンマンでも会うが、調理学校の先生らしい。



レバノンビザはトランジットの48時間しかとることができなかったので、翌日シリアのダマスカスへ向かう。。。

No comments:

Post a Comment