Wednesday, November 18, 2009

二郎日和

 今日は三田祭の準備期間ということで、学校が休みだ(まぁ普段の水曜も実質休みだが)。
というわけで、家で勉強でする。太陽が久しぶりに出たが、外は寒い。このような日は二郎日和である。家から自転車で行くことができる、ひばりが丘二郎に行ってきた。4人ほど並んでいて、しかも、ちょうど食べ終わった人がぞろぞろ出てきたので、すぐに席に着くことができた。そのあと後ろにどんどん並んでいたから、かなりラッキーであった。
 ラーメンの食券を買い、席につき、店主の動作を見ながら、いまかいまかと待つ。隣の人が聞かれ、「お隣は?」と聞かれる。そして「ヤサイニンニクマシ!」と唱える。

 二郎は量が多く、食べるのが楽しい。麺をうまく野菜の上に載せて、野菜をスープに浸しつつ、麺をさまして食べる。そして、スープのしみ込んだ野菜を食べるという、2回美味しいのだ。にんにくをいれるとなお美味しい。食べ終わった後に胃にくる重量感。店を出て、汗をかかないくらいの温度で、まさに二郎日和だ。

2 comments:

  1. 卒業までに一回は行っとかないとなぁ、二郎。
    たしかに冬はラーメン日和ですな、うん。
    食べ過ぎて立ちションしないようにね。

    ReplyDelete
  2. 一回といわず、週に一回は食べるべき。
    一分の壁を越えられるようがんばります。

    ReplyDelete