Wednesday, October 27, 2010

砂漠の街ヤズド!ゾロアスターの聖地へ

9月ヤズドのターミナルについたのは早朝の3時だった。外は寒く、こんな時間に町へ出てもしょうがないので、ターミナルの建物の中で寝ることにした。8時ごろ目を覚ますと、周りのイラン人達がじろじろと見ているので、街の中心へと向かう。ちょうど市バスが停まっており、旧市街の入り口のスクエアでおりる。少し迷ったが、おめあてのシルクロードホテルに到着。ホテルの中庭では宿泊客たちが朝食を食べていた。その中に日本人が3人くらいいて少し話した。ゾロアスター教の聖地や墓などをタクシーで回るツアーを宿で30ドルでやっているそうで、同じ日についたばかりの1人で医者の人と、一緒に参加することにした。ツアーは15時に出発するそうなので、街歩きをしながら、朝食兼昼食を食べることにした。

右の写真の建物の一階部分には鳥の内臓のケバブ屋がいくつか並んでいる。心臓(ハツ)とレバーとモモとヨーグルトを注文した。23000リアルだった。七味をかければ完全に焼き鳥の塩味である。
まずはゾロアスター教の鳥葬に使われたという沈黙の塔へと行く。



上に上ると見晴らしがよい。日差しが強く、空気が乾燥しているので、気付かずに汗をかくのでのどが渇く。

その次には、カラナックへと向かう。ここは土で作られた町の廃墟で、屋根の上を歩けるロンプラによると落ちた観光客がいるそうだ。こんなとこで骨折でもしたら大変である。



ガイドの運転手さんは英語が話せないようだったが、ペルシャ語でさえ話さず、ただ笑っているだけだったのが印象的だった。



これがカナートである。中学のとき地理で習う、砂漠気候でオアシスから水をひっぱるためのものだ。あの知識がこんな時にいかされようとは!地元のおばさんが、鳥の皮を洗っていた。

最後にゾロアスター教の聖地チャクチャクへと向かった。この名前の由来は水の滴る音で、教会のような建物の中にしずくが垂れる場所があるのだ。
 
 

建物の中はお香のにおいがした。設備は妙にきれいで、日本の新興宗教の施設みたいだった。あんまりきれいだと、ありがたみがないような気がしてくる。

建物を出ると例によって、イラン人の家族がピクニックをしていた。チャイとおつまみをごちそうになり、写真をとった。

 



宿に戻るとすでに夜である。宿に、マシュハドの宿で一緒だった、ふくもとさんと合流。3人で、ハマムを改造して作ったというレストランへに行き、イラン料理をたのみ、ノンアルコールビールで乾杯した。

No comments:

Post a Comment