Saturday, September 17, 2011

朝日、そしてアンコール遺跡群巡りのサイクリング・前編

アンコール二日目は、日の出を見に行くため、4時半ごろ起床した。前日夕方に寝てしまったため、そこまでつらくはなかった。宿をでて、まだ薄暗い道をあるくと、2人のバイカーが、乗らないか?というので、交渉し、一人2ドルでアンコールワットまで。
アンコールワットにつくと、ちょうど日がでるところだった。なんともきれいに映っている。

 


中に入ると、人であふれていた。こんなにいるのかというほど日本人のパックツアーらしき人々がいた。

 

朝なので托鉢僧があるいていた。高校時代の野球の朝練をおもいだす。

朝日を見終えた後は、朝食を食べるべく一度宿にもどった。途中で下してもらい、宿の近くの現地の人が食べている朝食屋台に挑戦した。店員は宮里藍に似ていた。鳥スープにビーフンが入っている。パクチーがなければもっとよかったのだが。。。


 


朝食後は宿で自転車を借り、アンコールトムへと向かった。トムまでは8キロくらいである。途中、道沿いにも遺跡があり、立ち寄った。自転車だと思うままに遺跡が見れるのでよい。

 

いよいよアンコールトムに入る。中心のバイヨンに向かう途中、象がいた。こんなに近くで見るのは初めてである。

 

そしてこれがアンコールトムの中心、バイヨンである。アンコール遺跡群の中でも群を抜いているように思う。形がなんとも絵になるのだ。

 

 


No comments:

Post a Comment