Tuesday, May 27, 2014

Curriculum Vitae

Kenichi TANI

Education
2007. Apr.  - 2011. Mar.  Keio University, Tokyo, Japan
2011. Apr.  - 2013. Mar.  Hitotsubashi University, Tokyo, Japan

Persian Language course
2013. Jul.  -  2014. Mar. International Center for Persian Studies

Degrees
2011. Bachelor of Arts (Sociology), Faculty of Letters, Keio University
2013. Master of Social Science (Social Anthropology), Graduate School of Social Science,
Hitotsubashi University.

Work Experiences
Oct. 2012 – Jan. 2013 Part-time Teaching Assistant (Social Anthropology)
Hitotsubashi University

Academic Publications
Book review
Kenichi TANI, 2013, “Saba Mahmood Politics of Piety: The Islamic
Revival and the Feminist Subject”, Kunitachi-Jinruigaku 8: 19–25. (in Japanese)

Monday, May 26, 2014

経歴・業績(日本語)

谷 憲一

所属
一橋大学大学院社会学研究科 社会人類学共同研究室

連絡先
ken1-anthro[at]uni.de

研究領域
社会人類学 イラン研究 

研究課題
・イランにおけるシーア派宗教実践の民族誌
・イスラーム復興、ポスト世俗主義に関する議論の再検討
・人類学理論

研究業績

論文
(査読有)

2013 「Saba Mahmood著 Politics of Piety: the Islamic Revival and the Feminist Subject」(書評)、『くにたち人類学研究』、くにたち人類学会、vol.8、 pp. 19–25。

2015a 「世俗主義批判の射程:イスラーム復興に関する人類学の最前線」(研究展望)、『文化人類学』、日本文化人類学会、79巻、4号、pp. 417- 428。

2015b 「『コスモロジー』研究と世俗主義批判:人類学的相対化の複層性という観点から」(研究ノート)、『くにたち人類学研究』、くにたち人類学会、vol.10、pp. 24-40。

2016 「書評 黒田賢治著 『イランにおける宗教と国家―現代シーア派の実相―』」、『イラン研究』、関西イラン研究会、第12号、pp.140-149。

学会・口頭発表

2013.3.16「敬虔なムスリムと『近代性』:世俗主義批判としてのイスラームの人類学とその射程」、日本文化人類学会 関東地区懇談会、(於・首都大学東京南大沢キャンパス)

2014.7.31「イスラーム研究における存在論的転換:世俗主義の「他者」の探求に向けて」、筑波人類学ワークショップ002、(於・筑波大学館山研修所)

2016.11.25「テヘラン・ジェイ地区におけるシーア派イスラームの宗教実践に関する人類学的研究:ホセインの追悼儀礼を中心に」、第862回 東京都立大学・首都大学東京社会人類学研究会(於・首都大学東京南大沢キャンパス)

2017.8.11 'A Study on the Bodily Aspect of Hussein's Mourning Ritual in Iran', Conference of Comission on the Middle East of the IUAES Aug.10-12, (Jagiellonian University, Krakow, Poland)

調査歴
2013.7-2014.3 イラン、テヘランにて長期調査のための語学学習(ロガトナーメ・デホダー校にてペルシア語上級Ⅰまで修了)および予備調査

教育歴
2012.10–2013.1 一橋大学大学院社会学研究科TA(「社会人類学特論」)

学歴
2007.4 慶應義塾大学文学部入学
2011.3 慶應義塾大学文学部人文社会学科社会学専攻修了
2011.4 一橋大学大学院社会学研究科修士課程入学
2013.4 同課程修了
2013.4 一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程進学
2014.10 テヘラン大学世界研究学部イラン学専攻修士課程入学

学位
学士(2011年 人間関係学、慶應義塾大学)
修士号(2013年 社会学、一橋大学)

研究助成/その他
2013 科学研究費補助金、基盤研究A、 「『再帰的』思考と実践の多様性に関する人類学的研究」(研究代表者:大杉高司)を利用
2014 松下幸之助記念財団 研究助成、「現代イランにおける「世俗化」とイスラーム復興に関する人類学的研究―敬虔なムスリムの集会活動に着目して―」
2016- 日本学術振興会特別研究員(DC2)